シーケンサのプログラミング

スポンサードリンク

シーケンサのプログラミングの考え方

シーケンサのプログラミングは慣れちゃえばカンタンです。

 

 

 

1.入出力信号を決める

シーケンサの入力と出力に使う部品を選定します。

 

入力だったら、押しボタンスイッチ・リミットスイッチ・温度調節器など。

 

出力だったら、パイロットランプ・マグネットスイッチ・インバーターの正転・逆転など。

2.シーケンサの使用可能アドレスを把握する。

シーケンサで使える入出力リレー、内部補助リレー、タイマー、カウンターなどのアドレス
(割り当てられた番号)を把握します。

3.プログラミングする。

アンド回路とオア回路を理解する。

 

シーケンサ回路

 

自己保持と自己保持解除の考え方を理解する。

 

これは以前に説明した基本回路のことです。

 

上記2点を意識して、回路をプログラミングする。

 

以上。

 

 

上記のたった2つの考え方の組み合わせだけで、プログラミング出来ます。
大体の機械は動かせます。

 

ただし、位置決め制御・ステッピングモーターなど高次元な制御には、
もっと勉強しなければなりません。

 

残念ながら、僕にはそういう経験がないので、このサイトでは扱いません。
ていうか、扱えません。

 

スポンサードリンク