マグネットスイッチの構造と使い方

スポンサードリンク

マグネットスイッチの構造と使い方

マグネットスイッチとは、電磁開閉器とも呼ばれ、ヒーターやモーターなどの

 

動力の出力を開閉(on/off)するためのものです。

 

配線図などでは、MSなどと表記されることが多いです。

 


まずは、下記の図を見てください。
マグネットスイッチの構造

 

マグネットスイッチは、単体で使用することもありますが、

 

過負荷を保護するために、サーマルと一緒に写真のように使われることが

 

多いです。

 

 

サーマルとは、モーターやヒーターなどが、過負荷状態になった時に、

 

トリップ状態になります。(電流値を熱により感知する)

 

この時に、マグネットスイッチの電源にサーマルのb接点を入れておくことによ

 

り、マグネットスイッチの電源がoffになり、動力は遮断されます。

 

 

サーマルのa接点を使用すれば、サーマルガトリップしたことを、異常表示や

 

パイロットランプ等で、作業者に知らせることが出来ます。

 

 

サーマルがトリップすると、トリップ表示の白い爪が奥に引っ込みます。

 

また、この白い爪を手動で奥に押し込むと、サーマルをトリップ状態にすること

 

が可能です。(動作確認などに使えますね。)

 

 

サーマルの熱が冷めてから、リセットボタンを押すと、サーマルが復旧し、

 

その結果として、マグネットスイッチの電源が入りますが、過負荷の状態が続い

 

ていると、またトリップします。

 

この場合は、動力の電流値を測定して、明らかに電流値が高い場合は、モーター

 

やヒーターなどの交換や修理が必要です。

サーマルの選び方

サーマルには熱を感知する素子が1つのものと、2つのものがあります。

 

モーターの単相を保護するには、2素子のものを選びましょう。

 

富士電機のサーマルだと、TR〜という型番が1素子、TK〜が2素子です。

 

断線した相が、1素子のサーマルの入っている相と運悪く同じだった場合、
過負荷の電流が流れても、サーマルはトリップしません。

マグネットスイッチの応用例

モーターの正転逆転回路をつくる。

 

こんなのもあるみたいです。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/monotaro/6876615.html

 

大容量のモーターの起動電流を少なくする。

 

スターデルタ結線と呼ばれる方法で、起動時のモーターの電流値を下げる。

 

 

スポンサードリンク